障害者自立支援機器 シーズ・ニーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

株式会社ユニコーンカブシキガイシャ ユニコーン

重度障害者用意思伝達装置

今までの閲覧数

出展者情報


会場では実機を見ることができます。

住所:
〒731-0113 広島県広島市安佐南区西原4丁目14-13 セントラルリバー西原201
担当部署:
氏名:
西尾 由紀子
TEL:
082-850-1020
FAX:
082-850-1024
メールアドレス:
nishio@e-unicorn.co.jp
企業HP:
http://www.miyasuku.com/
その他:
出展機器
出展機器
重度障害者用意思伝達装置
型番
miyasuku EyeConSW
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
miyasuku EyeConSWは発話による意思の伝達や筆談等で意思の伝達が困難な方が、スイッチや視線による操作で意思を伝えるための重度障害者用意思伝達装置です。
スイッチや視線による文章入力・読み上げ、メール、環境制御等の豊富な機能を実装しています。
交流したい内容

身体が不自由であったり、知的能力が低いからといって、パソコンが使えないわけではありません。
簡単なボタン操作で特定のアプリや情報にアクセスできるようにするだけで、多くの障がい者が
パソコンを使えるようになるのです。
障がい者が「自分で楽しむ・自分が働く」ということに対して積極的に取り組むことによって、
自己効力感が高まりますし、自尊心も形成されます。
私たちは、障がい者の自立支援に寄与するための製品づくりをしています。

重度障害者用意思伝達装置
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。