障害者自立支援機器 シーズ・ニーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

株式会社テック技販カブシキガイシャ テックギハン

ゆびレコリハビリモデル

今までの閲覧数

出展者情報

東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒611-0033 京都府宇治市大久保町西ノ端1-22
担当部署:
技術企画室
氏名:
和田 潤
TEL:
0774-48-2334
FAX:
0774-48-2242
メールアドレス:
j.wada@tecgihan.co.jp
企業HP:
http://www.tecgihan.co.jp/
その他:
出展機器
出展機器
ゆびレコリハビリモデル
型番
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
脳卒中片麻痺患者・脊髄・頸椎損傷、による感覚・運動機能障害の改善や脳腫瘍切除による失調症状、末梢神経障害など軽減を目的にリハビリテーションが可能な触知覚弁別リアルタイムフィードバック型感覚代償トレーニング装置を提案。感覚や運動機能の障害に関して指先などで触ったことが判別できるセンサーの信号によりリアルタイムに感覚の残っている部分に振動としてフィードバックすることで感覚・運動機能の改善を促す装置。
交流したい内容

京都府の補助金で開発中の装置です。脳卒中片麻痺患者さんの感覚障害の改善を目的に開発しています。脊髄・頸椎損傷の患者や脳腫瘍摘出による失調症状の患者さんにも効果があるようです。運動は目視で改善が判定できますが、感覚の改善は判定しにくいのが現状です。リハビリテーションの現場でも運動機能改善が中心となり感覚機能の改善まで行われることは余りありません。我々の提案する装置では、感覚機能改善を進めることが可能ですので、患者さんのQOL向上を目的としています。感覚機能が改善すると運動機能も向上しますので例えばスプーンしか使えなかった患者さんがお箸を使って食事ができるなど、巧緻性の向上が見込めます。

ゆびレコリハビリモデル
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。