障害者自立支援機器 シーズ・ニーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

東洋電装株式会社トウヨウデンソウ カブシキガイシャ

お薬ボックスわたるくん

今までの閲覧数

出展者情報


会場では実機を見ることができます。

住所:
〒731-0103 広島県広島市安佐南区緑井4丁目22-25
担当部署:
介護医療システム事業
氏名:
生田 渉
TEL:
080-2183-3772
FAX:
082-831-2588
メールアドレス:
ikuta.wataru@t-denso.com
企業HP:
https://t-denso.com/
その他:
出展機器
出展機器
お薬ボックスわたるくん
型番
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
このお薬ボックスわたるくんの対象者は高齢者と片麻痺の方です。
お薬ボックスは、繰り返し分包を順番に取り出すことで、薬の取り間違えを防げる服薬管理ツールです。取り出す際に付属のカッターで袋を開けることができ、片麻痺の方や手先が不自由な方でも、簡単に薬の服用が可能です。
一回分の薬剤が一包ずつパックされた繰り返し分包を順番に取り出すことで誤飲を防ぎます。
●取り出した薬包をテープカッターの要領でそのままカットすることができます。
●薬包の取り出しから、カットするまでの一連の動作を片手かつ軽い力で行うことができます。
●繰り返し分包が入った段ボールをセットするだけで、すぐに使えます。
 お薬カレンダーのように、一回分ずつ取り外してセットする必要はありません。
※ちなみに特許を取得できました。
交流したい内容

お薬ボックスは軽くハンドルを回すだけで、1回分がパックされた繰り返し分包の一包分が出てきて、プラスチックの付属カッターで袋の口を開けるようにカットできます。
開発は、上肢に麻痺のある方とのやり取りがきっかけに。麻痺があると薬を取り出すこともひと苦労です。そこで、どういう動作ならできるのか確認したところ、手首を動かすことならできるということで原型を考えるに至りました。
脳血管疾患、交通事故、先天性の麻痺等、身体不自由な方は世の中にたくさんいます。
お薬ボックスでリハビリしながらひとりでもお薬管理ができるようにしたいです。
今後はクラウドシステム管理や自動まで考えておりますので宜しくお願い致します。

お薬ボックスわたるくん
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。