障害者自立支援機器 シーズ・ニーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

ダブル技研株式会社ダブルギケン カブシキガイシャ

新心語り 単語発信プラス

今までの閲覧数

出展者情報

東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒252-0013 神奈川県座間市栗原920-7
担当部署:
福祉事業部
氏名:
堀込 貴嗣
TEL:
046-206-5611
FAX:
046-253-7711
メールアドレス:
horigome@j-d.co.jp
企業HP:
https://www.j-d.co.jp/welfare/fukushi_top.html
その他:
出展機器
出展機器
新心語り 単語発信プラス
型番
YN-502KP
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
ALS等の神経難病患者様における閉じ込め状態により意思伝達が困難な方を対象に、脳血液量の変化を近赤外光で検出し、はい・いいえを回答する装置です。リラックス状態にいる人が「物を考える」と前頭葉の血液量は増えます。意図的にリラックス状態を保てば血液量は大きくは変化しません。「はい」と伝えたい場合は頭の中で計算をする等脳を活性化して頂き、その血液量を測定し患者様の意思に基づく返答を得ることができます。
交流したい内容

ALS等の難病により、意思の伝達が困難な方々、及びご家族ご支援者様の皆様にコミュニケーションツールとして少しでも役に立てればという思いで製品作り及び発展に励んでおります。現在、ユーザー様が実施する事が複雑な設定を自動化し、調整方法を一般化して、多くの患者様に使えるように被験者を増やして研究しております。更に、正答率向上の研究を続けるとともに、新しい挑戦を試みており、一つは五十音表から文字を選択する試みであり、もう一つは意識障害者の意識の有無を判定することであります。より多くの方にご覧いただき今後の改良のきっかけを頂きたく存じます。どうぞ宜しくお願い致します。

新心語り 単語発信プラス
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。