補高便座(床置き型)


     



 座面を高くする用具。便座からの立ち座りが困難な人が使用する。
この種類の便座には、身体を安定させるために把手がついているものも多い。また、旅行用の補高便座専用バッグもある。据置式便座には把手はついていない。

【補高便座(固定型)図1】
A.利点:リウマチや膝関節が拘縮してうまく腰かけられない人が使用する。
B.欠点:一般の使用には座面が高すぎるので、家族との共用が難しい。洗浄便座が使えない。
C.適応:便座からの立ち座りが困難な人。
D.不適応:家族に子どもがいる場合、男性が立位で小用する場合など。
E.使用上の注意:便器との取り合わせを確認すること(輸入品なので日本の便器の規格に合わないこともある)。座面形状や高さがいろいろあるので身体機能を確認して購入すること。

【補高便座(取り外し型)図2】
A.利点:便座からの立ち座りが楽になり、家族とも共用できる。 
B.欠点:特になし。 
C.適応:便座からの立ち座りが困難な人。
D.不適応:一般の使用には座面が高すぎる。
E.使用上の注意:便器との取り合わせを確認すること(輸入品なので日本の便器の規格に合わないこともある)。座面形状や高さがいろいろあるので身体機能を確認して購入すること。

【補高便座(床置き型(汽車式トイレ用))図3】
A.利点:段差のある和式トイレ(汽車式トイレ)に上からかぶせて腰かけ式にできる。
B.欠点:内側が汚れ、掃除しずらい。固定性が悪い。
C.適応:汽車式トイレが使用できない人。 
D.不適応:特になし。
E.使用上の注意使用時の身体の向きが反対になるので、扉とのクリアランスに注意する。

【補高便座(床置き型(和式用))図4】
A.利点:通常の和式トイレに上からかぶせて腰かけ式にできる。
B.欠点:内側が汚れ、掃除しずらい。
C.適応:和式トイレが使用できない人。
D.不適応:特になし。
E.使用上の注意:使用時の身体の向きが反対になるので、扉とのクリアランスに注意する。
 
1.高さは使用する人の身体機能によって微妙に異なるので注意が必要。5mmの違いでも使用できない場合もある。
2.輸入品が多いが、日本の便器の規格と取り付け位置が異なる場合があるので、あらかじめ使用便器との取り合わせを確認すること。
3.据置式便座は、使用時の身体の向きが反対になるので、扉とのクリアランスに注意が必要。
4.据置式便座(汽車式)では、段差に注意し、高さを選ぶこと。