ステッキ・T字杖



     



歩行時における身体の支持やバランスを補助するために用いられる、前腕の固定部と支持部がない1本の脚による杖。フレームと握りの接続は、T字型、L字型、オフセット型がある。
 
杖は”握り形状”、”握りとフレームの接続形状”、”フレームの種類”によって選択する。

【握り形状】
 握りは棒状のものから、手の形状に合った握りのものとがある。
杖に対して大きな加重をかけるものや、手への負担をかけたくないものには手のひら全体で加重できる握りが適している。この際、握りは左右があるため注意が必要である。

【握りとフレームの接続形状】
 T字型、L字型、オフセット型がある。
握りやすさ、加重点と床面と接する支持点のずれによる安定性に影響がある。握り易さからみるとオフセット型、L字型、T字型の順となり、安定性ではT字型、オフセット型、L字型の順となる。両面からオフセット型が良いと思われるが、全体的な大きさや重さなどの面では劣っている。

【フレームの種類】
 フレームの材質面からは、木製のものよりアルミ合金が軽量かつ強度もある。しかし、価格面では木製が安価となる。収納の面では折りたたみできるものと、長さ調節を用いるものがある。折りたたみをするものでは、長さを調整するために杖を切断するときには折りたたみ機構と干渉しないような注意が必要である。
 
【長さの調整】
 軽く肘を曲げた状態で握れる高さが一般的には力が入りやすい。一般的には図1のように、足先より15cmほど外側に杖先を置いて、肘を30度ほど曲げた高さとする。極度な円背のように、使用者の姿勢や歩き方によっては、その人に合わせた調整が必要となるため、理学療法士などの専門家に相談することが必要である。

【平地歩行】
 杖は基本的には、健側につき、患側への加重量を減らすことを目的とする。不安定な場合には、3動作歩行を行い、安定している場合には2動作で歩行する(図2)。

【階段の上り下り】
 階段の上りでは杖から健側下肢、患側下肢の順番で行う。また、降りる場合には杖、患側、健側の順番で行う(図3)。