腋窩支持クラッチ(松葉杖)



     



 通常松葉杖と呼ばれている杖で、腋当てが付き、腋を締めることと手で体重を支えることができる杖。名称は腋窩支持クラッチとなっているが、腋窩で支持してはいけない。
 
【長さ調節】
 固定式と調節式がある。頻繁に調節する必要があればワンタッチ式の調節機構を持つものが適している。
 1度決めたら変える必要がない場合には固定式のものを選ぶ。その際、握りの高さは人によって違いが多いため、しっかりと確認するか、調節できるものを選ぶ。
 
【長さの調節】
 図1のように、足先より15cmほど外側に杖先を置いて、肘を軽く曲げた状態(約30度)で握りを持つ。横木カバーは脇の下より指3、4本程度あける(図1)。

【平地歩行】
 歩行においては、横木に身体を乗せることはしないようにし、腋で締めつけるようにする。それは、腋窩部は多くの血管や神経があり、そこを長時間圧迫することを避けるためである。
 3点歩行、2点歩行、4点歩行、大振り歩行、小振り歩行がある。一側の下肢に問題がある場合には3点歩行がもっとも多く用いられる(図2)。

【階段の上り下り】
階段の上りでは杖から健側下肢、患側下肢の順番で行う。また、下りる場合には杖、患側、健側の順番で行う(図3)。