公益財団法人テクノエイド協会

福祉用具・介護ロボットの開発実証環境を整備するための事業 -福祉用具・介護ロボット実用化支援事業-

介護ロボット等の開発実証支援等への協力機関募集

  • (1)介護施設、リハビリテーションセンター等の方はこちら
  • (2)都道府県、市町村、介護実習・普及センター、地域包括支援センター等の方はこちら

背景・目的

 高齢化の進展などで介護に対するニーズが高まる中、介護分野では従事者の腰痛発生件数が増えるといった問題が指摘されており、介護ロボットの早期の実用化が求められています。そこで、平成24 年から経済産業省と連携して、日本の高度なロボット技術を活用した介護ロボットの実用化に向けて、開発・介護の両方の現場をつなぐ支援を行っています。
 現在、介護の現場からは、介護ロボットの種類や活用法が分からない、役立つ機器がないといった意見がある一方、開発側からは、介護現場のニーズが分からない、介護ロボットを作ったけれど使ってもらえないといった意見があり、ミスマッチが起こっています。今後も引き続き、開発・介護の両方の現場の連携を図り、ニーズに合った実用性の高い介護ロボットの開発・実用化を促す環境を整備していきます。
 つきましては、本事業の趣旨にご理解をいただき、介護ロボット等の実証試験等に積極的にご協力いただける施設又は居宅介護サービス事業者、あるいは今後介護ロボット等の導入を積極的に検討している施設等におかれましては、その旨を本ホームページの意向登録フォームを通じてご回答いただきますよう、よろしくお願い致します。

事業内容

リンク

登録対象

(1)介護施設、リハビリテーションセンター等
(2)都道府県、市町村、介護実習・普及センター地域包括支援センター等
※回答は、担当者単独の意見ではなく、組織全体の意見を踏まえたものとしてください。

登録方法

テクノエイド協会のホームページ上で登録が可能です。以下のボタンから該当の入力画面に進み入力してください。

本件に関する問い合わせ先

公益財団法人テクノエイド協会
企画部 加藤、山下、嶋谷
電話番号 03-3266-6883

  • (1)介護施設、リハビリテーションセンター等の方はこちら
  • (2)都道府県、市町村、介護実習・普及センター、地域包括支援センター等の方はこちら
ページの先頭へ