障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

高次脳機能障害(失語症等) ページの先頭へ

有限会社ミカタユウゲンガイシャミカタ

ロボットと言葉のリハビリ

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒270-0021 千葉県松戸市小金原3-4-15
担当部署:
氏名:
松本 真紀
TEL:
047-342-0575
FAX:
047-3425-560
メールアドレス:
matsumoto.mikata@outlook.jp
企業HP:
https://www.gengo-mikata.jp/
その他:
出展機器
出展機器
ロボットと言葉のリハビリ
型番
障害種別
高次脳機能障害(失語症等)
機器の概要
言語障害がある方の対人交流の活性化、コミュニケーション活性化を目的としたシステムです。TVやスクリーンに表示した言語リハビリ教材(脳楽習)を、ロボットの司会により楽しく学べます。リハ教材は、失語症デイサービスにおいて延べ10万人以上に提供した実績があります。本システムは司会役をロボットに担わせることで、幅広く活用いただくことを目指しています。言語障害のみでなく知的障害がある方に対しても活用実績があります。
参考資料
ロボットと言葉のリハビリ
交流したい内容

失語症など言語の障害や、高次脳機能障害によるコミュニケーションに困難を持つ方、言語のリハビリを楽しく継続したい方、お仲間と交流したい方、知的障害や自閉症スプクトラム症のある方や関係者の方に実際に使っていただき、リハビリやレクリエーション企画・運営・実施する際への課題や要望について意見交換したいと考えています。

ロボットと言葉のリハビリ
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。