障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

株式会社オレンジアーチカブシキガイシャオレンジアーチ

重度障害者向け意思伝達装置「eeyes」

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒120-0034 東京都足立区千住一丁目11番2号 北千住Vビルディング 7階
担当部署:
イノベーショングループ 研究開発室
氏名:
宇田 竹信
TEL:
080-9160-5960
FAX:
03-5817-4477
メールアドレス:
uda.takenobu@orangearch.co.jp
企業HP:
http://www.orangearch.co.jp/
その他:
出展機器
出展機器
重度障害者向け意思伝達装置「eeyes」
型番
CST-3
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
筋萎縮性側索硬化症や多系統萎縮症などの神経性の難病により、発声や筆記でのコミュニケーションが困難になった方の意思伝達を優しくサポートする福祉機器です。付属の赤外線学習リモコンを接続すれば、テレビやエアコンなどの家電を操作できますので、ご自身で環境の制御が可能となります。入力には、極僅かな身体の動きを捉えるスイッチや、目の動きを捉えるアイトラッカーが利用可能ですので、病状にあわせてご利用頂けます。
参考資料
eeyes_V109J
交流したい内容

重度障害者向け意思伝達装置「eeyes」(イイアイズ)のご紹介やデモンストレーションを通じ、製品の機能や使い心地および製品開発のロードマップについて、ユーザ様ご自身やご支援をされる方からのご意見を頂き、製品へのフィードバックを行うと共に、視線による入力技術や画像解析技術を応用した製品に関するニーズについてご意見を頂き、新製品の開発に生かしていけたらと考えております。

重度障害者向け意思伝達装置「eeyes」
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。