障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

システムデザイン・ラボシステムデザインラボ

筋電位電動車いすコントローラ

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒631-0827 奈良県奈良市西大寺小坊町4-5
担当部署:
氏名:
杉本 義己
TEL:
0742-49-3990
FAX:
0742-47-0520
メールアドレス:
ac@sdl.to
企業HP:
https://systemdesignlab.jimdofree.com/
その他:
出展機器
出展機器
筋電位電動車いすコントローラ
型番
WH1
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
重度の四肢障害者用の電動車いす操縦装置です。
コメカミ付近に置いた電極で顎を動かす筋肉の動きを検出します。
このため顎を動かす機能があれば電動車いすを操縦ができます。
前後、旋回はもとよりS字カーブ走行も可能です。
YAMAHA電動車いすに同社製インターフェースBOXを介して無改造で取り付けできます。
重度の四肢障害があっても車いすを操縦することができます。
見学だった体育の授業に参加することができます。
参考資料
リーフレット
交流したい内容

テンプラーシステムは顎の動きを筋電位で検出してモノを操作するシステムです。
現在の筋電位は電極の配置も調整もラフでよく、また乾式電極でランニングコストもわずかです。
現在、CPの2名がこのステムで電動車いすの操縦を練習しています。
うち1名は緊張も入らずにこのシステムでパソコンやスマホを日常的に操作しています。
このようにテンプラーシステムは優れたシステムですが筋電位を扱った支援者や経験した当事者が少ない状況です。

多くの人に現在の筋電位を体験して筋電位がどのようなものかを知ってもらい、フィッティングができる支援者を増やしたいと思っています。

昨年度、日本・イスラエルハッカソンでも1位をとりました。

筋電位電動車いすコントローラ
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。