障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

橋本エンジニアリング株式会社ハシモトエンジニアリングカブシキガイシャ

体幹保持プロテクター

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒434-0041 静岡県浜松市浜北区平口5559
担当部署:
企画開発部
氏名:
大城 徳彦
TEL:
053-587-6508
FAX:
053-587-2289
メールアドレス:
hashimotopo10@za.tnc.ne.jp
企業HP:
http://www.hashimoto-eg.com
その他:
出展機器
出展機器
体幹保持プロテクター
型番
GW-SP-H001
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
本製品の対象者は全ての車椅子利用者です。プロテクターを腹部にあて、ストラップを車椅子の背パイプに固定する事で上半身の安定した姿勢を保持できます。腹部にあたる部分には滑り止め機能付きで且つ通気性の良い素材を採用しております。
また車椅子用の腰ベルトや福祉車両内のシートベルトが万が一の際に腹部・胸部へくい込む事故を防ぎます。未使用時はストラップを車いすフレームに巻きつけておく事が可能です。
参考資料
体幹保持プロテクター
交流したい内容

本製品を日常生活の中で使用した際、体幹を保持する上で改良して欲しい点や、追加して欲しい機能などを皆様からリクエストを戴き、改良に繋げていきたいと考えております。さらに本製品のもう一つの機能であるシートベルトプロテクター機能をご紹介し、福祉車両で起きている事故についても共有し、日頃の安全対策や自立支援にお役立て頂きたいです。

体幹保持プロテクター
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。