障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

アクセスエール株式会社アクセスエールカブシキガイシャ

意思伝達装置ファイン・チャット

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒567-0033 大阪府茨木市西駅前町6-22-301
担当部署:
氏名:
松尾 光晴
TEL:
080-7168-7123
FAX:
072-626-1113
メールアドレス:
matsuo_mitsu@accessyell.co.jp
企業HP:
https://accessyell.co.jp/
その他:
出展機器
出展機器
意思伝達装置ファイン・チャット
型番
AYL-FC–001
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
身体が不自由で会話や指差し等による意思疎通が困難という方が、身体の僅かに動く部位を使って文章を作成する業界唯一の意思伝達専用機です。
1つまたは2つの自分の身体に合った入力スイッチをタイミングを取りながら繰り返し「押す/離す」を繰り返すだけで文章を作成、読み上げることで言いたいことを伝えます。呼び出しブザー、家電リモコンに加え、パソコンiPhone、iPadを操作する機能も備えています。
参考資料
 
交流したい内容

本製品の今後の改良点およびそのタブレット版、PC版についてご意見を頂きたいと思います。
特にタブレット版、PC版については従来の意思伝達装置の枠にとらわれない販売方法をとることで制度に縛られない機能を搭載し、上肢障害者がQOLの向上から仕事や趣味にまで広く活用できる製品を模索していきます。

意思伝達装置ファイン・チャット
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。