障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

ベッドの上で入浴企画株式会社ベッドノウエデニュウヨクキカクカブシキカイシャ

介護用 ”ベッドの上で入浴” 機器

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒206-0803 東京都稲城市向陽台1-5-3
担当部署:
氏名:
夏目 三郎
TEL:
042-379-3533
FAX:
042-379-3533
メールアドレス:
nyuyoku.kikaku@gmail.com
企業HP:
http://www.kaigonyuyoku-bed.jimdo.com
その他:
出展機器
出展機器
介護用 ”ベッドの上で入浴” 機器
型番
”ベッドの上で入浴”
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
現状
重度のALS患者様に“実入浴”して頂いております
「対象者」
視覚障害者、下肢肢体障害者
「概要、可能」
ベッド背もたれに乗せて、寝たままで、移乗せずに、何時でも、1人の介護者(家族)で入浴できます
① 2分で浴槽に、2分で給排水できます。
② 夜寝る前にベッド移動時に入浴できるので、入浴回数が増える(例:訪問入浴との併用使用)。清潔になり外出・社会進出もし易くなる。
③ リュックで持運び。災害時に避難所で入浴。
参考資料
 
交流したい内容

① 障害者・介護者の方々に実際にベッド上で入浴者・介護者となり入浴機機の取扱いをして頂き、感想についての意見交換をお願いしたい。
② 浴槽シートの清掃負担の軽減としての肌用シート「使い捨てシート(極薄い0.03mmシート)」を重ねて敷き使用することについて。
③ リュックで持運び(高層階、狭い道、避難所、雪国の交通不能時)しての入浴について。
④ 新型コロナ接触感染のリスク回避として使用できる場面(在宅、障害者施設、病院)について。
⑤ 災害時(電気・ガス・水道・交通不能時)の限られた使用量での避難所・障害者施設での入浴(少ない湯量40?・電気ポット6台など)について。
⑥ 入浴回数が増える(訪問入浴との併用使用・1回おき)。

介護用 ”ベッドの上で入浴” 機器
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。