障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

合同会社ライフスペース研究所ゴウドウガイシャライフスペースケンキュウジョ

改良型・片手でも走行できる6輪車いす

今までの閲覧数

出展者情報

東京会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒005-0804 北海道札幌市南区川沿4条5丁目7-23
担当部署:
氏名:
齊藤 徹
TEL:
011-571-2585
FAX:
011-571-2585
メールアドレス:
tsaitoh@ri-lifespace.com
企業HP:
https://ri-lifespace.com
その他:
出展機器
出展機器
改良型・片手でも走行できる6輪車いす
型番
K1
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
対象者は自走されるユーザーです。カムクラッチを内装した車軸と、両輪間に駆動力を伝える回転軸(取り外し)を備えています(特許取得)。2重のハンドリムの握り方によって、片手でも車輪を選択的に駆動でき、前後進・右左折ができます。他方の片手が駆動から解放されて、自由にものを持って移動できます。2021年の交流会出展の4輪タイプを、交流会でのアドバイスにより小回りが効いて使いやすい6輪タイプに改良した試作機です。
参考資料
 
交流したい内容

当社は、車いすユーザーのQOL向上に役立つ、片手でも使いやすい車いすの開発に取り組んでいます。片手でものを持って移動したいという、ごく普通のニーズの実現を提案したい。両手駆動の制約から解放されて、人としての尊厳を取り戻す一助になりうるのではないかと期待されています。どんな片手走行シーンがあるか、簡単な握り方ができるハンドリムの形状、駆動のズレ、機器の重量など、どこまでの水準が求められるのか、どのような製品になれば普段使いしたいと思われるかについて、ユーザーとの交流でアドバイスをいただきたい。昨年の当交流会でいただいたアドバイスをもとに、4輪タイプを使いやすい6輪タイプに改良した試作機を出展します。

改良型・片手でも走行できる6輪車いす
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。