障害者自立支援機器 ニーズ・シーズマッチング強化事業

身体障害(肢体不自由) ページの先頭へ

株式会社テック技販カブシキガイシャテックギハン

ゆびレコリハビリモデル

今までの閲覧数

出展者情報

大阪会場に出展
会場では実機を見ることができます。

住所:
〒611-0033 京都府宇治市大久保町西ノ端1-22
担当部署:
営業推進部
氏名:
和田 潤
TEL:
0774-48-2334
FAX:
0774-48-2242
メールアドレス:
j.wada@tecgihan.co.jp
企業HP:
https://www.tecgihan.co.jp/
その他:
出展機器
出展機器
ゆびレコリハビリモデル
型番
ゆびレコーダーリハビリモデル
障害種別
身体障害(肢体不自由)
機器の概要
脳卒中片麻痺患者のリハビリ装置。指先先の皮膚の振動を検知して、装着された振動子を用いて「振動」を伝達することにより、脳へフィードバックが行われ、新たな情報伝達経路が作られる。
指先の感覚が鈍っていても代償的に得ることができれば、タイミングなどを知覚できるので、モノを触る指の力の入れ加減が分かるようになり、モノをつかむ動作が改善される。指の動作が良くなることで、日常生活の動作を良くすることが可能となる。
参考資料
 
交流したい内容

装置の量産化に伴い現在のプロトタイプ試作製品から
・使用感のヒアリングの実施により、最適なデザインへ転換し量産化に適したデザインへ再構築
・ライフスタイルとの親和性の向上
・未来志向のリハビリ装置の実現
・ユーザビリティの向上
・使いやすいユニバーサルデザインの考慮
壊れない機構を設計し、万能引張り機を導入することにより装置や機構の強度試験・物性評価を行い、品質管理を厳格に実施する。
・対象者の実験データの装置機能の反映
実験データよりデータ解析と解釈から最適な振動フィードバックの実現
・患者・利用者が一人で装着・脱着・操作などができる仕様
上記のようなことを具体的に交流によりヒアリングを行いたい

ゆびレコリハビリモデル
この機器について、問い合わせする
(交流を希望する)

交流を希望するの活用方法
当該機器について、メーカーにうかがいたこと、意見交換や交流したことがあれば、連絡をして電話やオンラインで交流してください。クリックすることにより、問い合わせフォームが開きます。

掲示板
この機器について、新しく投稿する
(掲示板)

掲示版の活用方法
ニーズ側は、当該機器に対する要望やアイデア、課題を、シーズ側(出展者を含む)は、交流したい具体的な内容や機器の特長、会場出展に向けてのPRをそれぞれ記載してください。