※このシステムでは「障害者自立支援機器等開発促進事業」の成果を掲載しています。

ページトップへ
  • ホーム
  • >
  • >
  • デジタル透明文字盤OriHime eye

デジタル透明文字盤OriHime eye

  • 対象分野 肢体不自由者の日常生活支援機器
    難病患者等の日常生活支援機器
    障害者のコミュニケーションを支援する機器
    障害者のレクリエーション活動を支援する機器
    ロボット技術を活用した障害者の自立支援機器
    使用場面 日常生活、就学、就労、趣味・レクリエーション
    機器ID 1007
    機器名称 デジタル透明文字盤OriHime eye
    機器概要 難病療養者と介助者との意思疎通に用いられる透明文字盤の動きをデジタル化したものです。 視線のカーソルではなく指したい方向へ文字盤が移動し同じ位置を見つめ続けるめることで文字を選択し音声を発することができます。文字選択の際には画面の中心を見つめればよいため、様々な症状の神経難病患者に対応できることが大きな特徴です。 目以外の部位が動かせる患者は文字選択の際、ワンクリックで文字の選択が可能。
    価格 【販売価格】

    450,000円(非課税)

    【メンテナンス価格】

    購入後サポートあり

仕様

大きさ
一般的な15インチノートパソコンザイズになります。
メーカー名 株式会社オリィ研究所
使用上の注意 直射日光の下ではOriHime eyeの入力がうまくいかないことがありますので、使用は避けてください。
日常生活用具分類 情報・意思疎通支援用具

※「日常生活用具」としての給付の取扱いにつきましては、最寄りの市町村にご確認ください。

機器に関する
問い合わせ先
〒181-0013 東京都三鷹市下連雀3-3-50パークファミリア501
メールにてお問い合わせください。担当がご対応させていただきます。
info@orylab.com
利用事例
  • 利用事例:神経難病患者向け意思伝達用途(筋萎縮性側索硬化症) 現状の環境では意思伝達する事が困難な方が周囲との意思疎通を可能にする。 導入の経緯;利用者様は病状が進行するにつれ意思伝達が難しくなり、インターネットで検索して弊社製品を見つけ、問い合わせ頂いた。 使用年数 9ヵ月

販売店・修理代理店 ダブル技研株式会社http://www.j-d.co.jp/ ※各都道府県に代理店随時拡大中の為、最寄りの代理店は弊社までお問い合わせください。