障害者自立支援機器 シーズ・ニーズマッチング強化事業


出展企業情報
※掲載されている情報は、シーズ・ニーズマッチング交流会(平成30年11月)時点の情報です。
出展者情報
会社名・団体名株式会社モリトー
カブシキガイシャ モリトー
http://www.moritoh.co.jp
住所〒491-0074
愛知県一宮市東島町3-36
TEL0586-71-6151
FAX0586-72-4555
担当部署・役職
担当者長谷川 裕城
ハセガワ ヒロキ
E-mailinfo@moritoh.co.jp
出展機器情報

名称(仮称)

宿泊施設用の簡易リフト (仮称:ポータブルリフト)

出展管理番号/29-A14-01

障害分類名/肢体障害者の日常生活機器

Case画像

出展年度

平成29年度

開発の状況

2年事業の1年目が終了し、試作機が完成した。2年次に、モニター試験を実施する予定。

想定している対象者

◇ 下肢障害による車いす使用者を対象とする。
◇ 頭部支持ができる方又は、簡易な支持具で保持できる方。
◇ 自宅などで、既存の介護リフトなどを使用し、スリング装着技術を習得しいる方。
◇ 操作には、1名以上の介護者が必要です。
◇ スリングが装着可能な方。

当該製品のセールスポイント

宿泊施設の居室内で、簡便に展開でき、基本的に工具を使用しないリフト。軽量化を主眼とながらも、リフトによる身体の持ち上げ高さを十分に有したデザインとした。ベッドへの移乗後に、ベッドの背上げ機能がない場合、身体移動手段として、スライディングシートを使用する。サイズは120×75㎝のロール式を採用した。機器の標準付属品とする。搬送用ケースは、車両での搬送を主とするが、機器単独で、事前に宿泊施設に郵送することもできる。

想定している仕様

リフトを使い慣れない宿泊施設のスタッフでも組立可能な、運用マニュアルの作成。誰でも簡便に組み立てのできるマニュアルを作成した。映像を主体とし、QRコードで動画閲覧が可能である。収納専用バックから取り出した状態の全体重量は、23㎏。材質は、アルミ、ステンレス製である。

販売の目途、販売予定価格

販売開始 2019年予定
予定価格 350,000円程度を予定
販売台数 100台(年間目標)

国や地方自治体からの開発援助の状況

平成29年度障害者総合支援事業費補助金(障害者自立支援機器等開発促進事業)/テクノエイド協会

開発助成採択状況

3.厚生労働省(自立支援機器開発促進支援事業)

交流した内容や、今後の機器開発の進め方・抱負

本開発は、移動や移乗が困難な方が、旅行先の宿泊施設でいかに安全・便利に移乗できるかがテーマである。宿泊先では、ベッドの構造や高さが種々あり、スライディングボードやシートだけでは、車いすとの高さのギャップを解消できない現状であった。旅行先での移乗に使用できるリフトは、強く望まれていたが、コストが問題となった。年に何回か使用するだけの機器に、高いコストはかけられないのである。よって、車載型リフト(N-Lift / HONDA及び介護リフトつるべーCセット)と部品を共用できるシステムとした。
旅行の目的は楽しむことにある。低価格・軽量化・可搬性の高さなど、前回の開発の経験を生かして旅先での快適な移乗を目指したい。

印刷 一覧へ戻る